PICK UP

夏まつりの見どころ

霧島国分夏まつりは霧島市の市街地全体を会場として二日間に渡って開催される特大規模のまつり。
とても多くの催しがあり、その中でも是非楽しんで欲しい見どころをピックアップ!
Kokobunji Mikoshi

国分寺御輿

二日目は、昼に「子どもみこし」「元気みこし」「舞鶴御輿」「国分寺御輿」が順々に街を練り歩きます。日が暮れて夜はかがり火の中、太鼓の音に鼓舞された男達が担ぎ走り抜ける国分寺御輿競走にてまつりのクライマックスを迎えます!


Read More
Sou-Odori

総おどり

毎年5千人以上の参加者で国分の中心市街地を三味線の生演奏にのり2時間程度踊り歩く、夏まつり1日目のフィナーレを飾るメインイベントです。三味線の生演奏で地元のおどりを踊り一体となり地元のまつりを盛り上げましょう!


Read More
Stage Event

ステージイベント

霧島国分夏まつりでは2日間に渡り4つのステージでイベントが開催されます。バンド演奏、ダンス、和太鼓、空手演武、日本舞踊などなど盛りだくさん。例年特色のあるステージを企画しておりますので是非お楽しみください!


Read More
ABOUT

霧島国分夏まつりについて

TRADITION

夏まつりの代名詞「国分寺御輿」

霧島国分夏まつりの代名詞ともいえる「御輿」。その発端は国分の御輿は国分のシンボルである「大隅国分寺跡」と、全国にその名を轟かせた「島津 義久公」にちなんで「国分寺御輿」と命名されたことにあります。
霧島国分夏まつり実行委員会と国分寺神輿会が互いにその盛り上がりに協力し合い、子どもみこしから育てあげ、我が街「霧島」の発展を祈願しています。

ENTERTAINMENT

参加者も一体となって楽しめる催しもの

霧島国分夏まつりは御輿に並び、様々な催しものがあって楽しめることでも有名です。特に1日目の総おどりは、90団体約6千人の踊り連が参加し、ハンヤ節やオハラ節で市内商店街を踊り歩きます。もちろん一般の方も飛び入りで参加できるため、どなたでも一体となって盛り上がることができます。
2日目は御輿が街を練り歩き、クライマックスの御輿競走を終えた瞬間に打ちあがる花火は迫力満点!

ARTICLE

特集記事

未分類
Tシャツデザインコンテストの募集を開始しました!

2018年5月8日

霧島国分夏まつりでは今年初めて、スタッフTシャツのデザインを一般の方から募集することになり…

Read More

SNS

ソーシャルネットワーク