総踊り SOU-ODORI

社中の生演奏に合わせて


霧島市街地が6000人を超える人たちで賑わう

総踊りの魅力

霧島総踊りについて基本の踊りや知識について知っていると、踊り見物が一層楽しくなります。
総踊りの特徴や踊り方を知って夏まつり会場の国分の街へ出てみませんか?
飛び入り参加もOKですので、生演奏を感じながら踊って醍醐味を感じてください。

1日目の見どころである霧島総踊りは、1974年の第10回国分夏まつりから続く歴史があります。
霧島市国分の市街地が歩行者天国として会場となり、おはら節とハンヤ節、おじゃんせ霧島と言った
鹿児島・霧島にまつわる民謡の音楽に合わせて、各団体が踊りでまつりを盛り上げます。

その参加人数は約100団体、6000人超えるほどの大規模。
国分の市街地が踊り手で埋め尽くされ、毎回「霧島市にはこんなに人がいたのか!」と驚かされます。
2時間もの間人々が踊り続ける様子は圧巻。日本全国の祭りでも類を見ない賑わいと盛り上がりを見せます。

その特徴はなんと言っても生演奏。総踊りの会場の中心にやぐらで組んだ大きな三味線舞台を設置し、
藤本流三味線 藤本秀旗社中による生演奏(おじゃんせ霧島はCD音源)が始まります。

演奏の熱量と掛け声の息遣いを感じて
自然と体が踊り出します。

これ程の賑わいを見せる背景には、毎年総踊りを楽しみにしている地元の企業や団体がいて、
さらにはもっと多くの方々に参加してもらおうと、霧島商工会議所青年部をはじめとする実行委員会の尽力があります。
一般の来場者が気軽に参加できる飛び入りブースがあることも、市民や遠方からの来場者に親しまれている理由です。

100を超える団体が参加するため
事前に合同説明会を執り行う

夏まつり当日を楽しめるよう
合同練習会を開催している

Tunes and Choreography 曲目と振り付け

霧島総踊りの曲目は「おはら節」「ハンヤ節」「おじゃんせ霧島」の3曲です。

鹿児島おはら節

「花は霧島 煙草は国分」のフレーズで知られる鹿児島民謡の代表格。
江戸時代初期から歌われるようになり、日本各地の港町で歌われていた「おはら節」や「おわら節」が伝わり、
鹿児島で広がったものであるという説がある。
また、九州新幹線が全線開業した2011年3月12日より鹿児島中央駅到着時及び発車時に流れる車内メロディや、新幹線が発車する際にホームで流れる発車メロディとして、鹿児島おはら節のメロディをアレンジしたものが導入された。

おはら節の音源をダウンロード(mp3)

鹿児島ハンヤ節

鹿児島県の民謡。酒宴の席などで好んで歌われる。
もともと船頭たちが唄った騒ぎ唄が元祖だと言われている。
「ハンヤ」は繁栄を意味するという説もあるが、単に歌い出しの自然な掛け声ではないかと考えられている。

ハンヤ節の音源をダウンロード(mp3)

おじゃんせ霧島

霧島の民謡。盆踊りで地元住民に好んで踊られることが多い。
※おじゃんせ霧島はCD音源

おじゃんせ霧島の音源をダウンロード(mp3)

出演者の方々へ

霧島総おどりマップ(以下は過去の2023年分)


霧島総おどり注意事項

※夏まつり当日の範囲と方向は、各団体4列を基本に行進し、対向する団体とは対面に踊るかたちになりますので、後退する振付はご遠慮ください。

※当日は18:50分に予備演奏が流れます。スタートはせずにその場で練習として踊ってください。19:00に本番演奏が始まります。踊りながら前に進んでください。全団体の皆さんが進まないと皆さんがその場で踊ることになります。列や前方で踊っている団体と距離が離れることがあれば速やかに前の方へ詰めるようにお願いします。

※他の団体や、来場者などに迷惑をかける行為は禁止です。踊り連の中には小さいお子様や児童もいらっしゃいます。(焼酎をかける、プラカードや旗を振り回す等)実行委員より注意を促しても迷惑行為をやめない団体は即刻退場を頂き、次回からの参加を取り消しますのでご了承ください。

※夏まつり当日、総おどり中は参加者の安全を考慮し、来場者の横断禁止の注意、啓発を夏まつり実行委員で行います。

参加団体

  • 1:九電グループ・九電送配
  • 2:国分ハウジンググループ
  • 3:霧島市議会
  • 4:霧島市職員互助会
  • 5:第15代霧島ふるさと大使(霧島市PRスタッフ運営協議会)
  • 6:東フロコーポレーション㈱
  • 7:あいら農業協同組合
  • 8:株式会社九電工霧島営業所
  • 9:株式会社九州タブチ
  • 10:㈱コーアガス日本 国分支店・南日本ガス㈱ 国分工場 
  • 11:陸上自衛隊 国分駐屯地
  • 12:万代ホーム国分株式会社
  • 13:ヴィーナス・ラボ
  • 14:おーいバナオくん
  • 15:霧島レクダンスポピー
  • 16:中川整形外科
  • 17:鹿児島第一中学校・高等学校
  • 18:出水商工会議所青年部
  • 19:茉莉連
  • 20:飛び入りスペース♪
  • 21:辰巳会
  • 22:株式会社 南日本銀行 国分支店
  • 23:国分中央高等学校PTA
  • 24:株式会社 宮崎太陽銀行
  • 25:霧島整形外科病院
  • 26:みつお産婦人科
  • 27:鹿児島銀行国分支店
  • 28:霧島・姶良地区聴覚障害者協会
  • 29:手話サークルきりしま
  • 30:そば屋 吉
  • 31:社会福祉法人 大川福祉会
  • 32:はぴね国分
  • 33:上野原縄文の森
  • 34:ミルキー児童クラブ
  • 35:NPO法人きりしま創造舞台
  • 36:霧島市立医師会医療センター
  • 37:霧島市内郵便局
  • 38:国分電機株式会社
  • 39:国分ロータリークラブ
  • 40:ニューイングホーム株式会社
  • 41:有限会社遊テック
  • 42:国分小5年 赤門キッズ
  • 43:鹿児島信用金庫 国分支店
  • 44:同遊会
  • 45:国分中 38会
  • 46:国分高校・桜蔭会
  • 47:国分寺神輿会
  • 48:リバティ―ジム
  • 49:ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)鹿児島TEC社員会
  • 50:松永ひょっとこ会&手を繋ぐ育成会
  • 51:マイクロカット株式会社
  • 52:クローバー福祉会
  • 53:ALOHA RUMIKO STUDIO
  • 54:医療法人 名正
  • 55:㈱国分新生社印刷
  • 56:酒食楽家族
  • 57:仁心看護専門学校
  • 58:鹿児島興業信用組合
  • 59:どれみ保育園
  • 60:ハッピーケア
  • 61:株式会社ウェルファムフーズ霧島事業所
  • 62:国分北女子バレーボール少年団
  • 63:隼人レクダンス よし乃会
  • 64:民生委員児童委員・子育て支援部
  • 65:英流 聖翔峰会
  • 66:トヨタ車体研究所
  • 67:社会福祉法人霧島市社会福祉協議会
  • 68:Team Kagoshima Airport
  • 69:霧島市建設同志会
  • 70:上小川小学校
  • 71:京セラ株式会社 鹿児島国分工場
  • 72:イオン九州(株)イオン隼人国分店
  • 73:社会福祉法人 政典会
  • 74:鎌田建設株式会社
  • 75:鹿児島相互信用金庫
  • 76:スポーツクラブ エルグ・テクノ